MENU

神戸市垂水区、須磨区で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修のことなら、住まいの外装リフォーム専門店GAISO(ガイソー)神戸店

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-541-118 受付時間 8:00~18:00
(水曜日定休)

現場ブログ - 塗装の豆知識 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識

塗装の豆知識の記事一覧

屋根からの雨漏りを起こさないためのメンテナンス方法

神戸市垂水区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区の皆様こんにちは! 12月になりましたね☆ 一気に冷え込んできましたね(>_<)。 周りはもうクリスマス仕様になってきていますね(*^^*) 今年のクリスマスは皆様何をする予定ですか?♪   さて、本日は、 「屋根からの雨漏りを起こさないためのメンテナンス方法」 について少しお話ししたいと思います!! 住宅の雨漏りは屋根が原因で起こることが多いです。 雨漏りを起こさないためにメンテナンスを施す必要がございます。 屋根のメンテナンスはいくつかの方法があります。 どれも金額や工期が異なります。 また、屋根のメンテナンスち言っても雨漏り具合や屋根材の劣化具合にあわせて、 最適なメンテナンスを施さなくては意味がありません。 屋根のメンテナンス方法について、今回お話ししていきたいと思います。 具合に合わせた工事を知っておくといいですよね(^^)/。   目次 1.葺き替え 2.カバー工法 3.屋根塗装 4.防水工事     目次 「屋根メンテナンス」と言いましても、いくつかの種類あります。 また、屋根材によってはその工事を施せないケースもございますので、 メンテナンス前にリサーチしておく必要があります。 今回は主な4つの屋根メンテナンス方法をご紹介したいと思います。   1.葺き替え 葺き替え工事とは、既存の屋根を全て撤去して新たに屋根材を取り付ける工事です。 詳しくは、屋根材の下に設置されている野地板やルーフィングシートも撤去し、 下地から全て新しい部材に取り替えます。 屋根の傷みや野地板の傷みが進んでいる場合や、重量のある瓦屋根の場合、この葺き替え工事が最適と思います。    ♦メリット 【耐震性が向上される】 瓦屋根の場合、現在普及されているコロニアル屋根などと比べれると非常に重く、 その重量は一般住宅の屋根で6t近くあると言われています。 お家全体の重心が最も高い屋根部分にあると、当然崩れやすい造りになってしまいます。 日本は地震の多い国ですので、屋根材や下地の劣化を機に屋根工事をされる場合、 少しでも不安が残るのであれば、葺き替え工事をオススメいたします。 【住宅の寿命を延ばすことができる】 先ほどご説明した通り、葺き替え工事は下地ごと交換する工事ですので、屋根が一式新築される状態です。 屋根は常に太陽の日差しや紫外線、雨風に攻撃されていますので、屋根を新調することで、 住宅全体の寿命を延ばすことができます。    ♦デメリット 【工事費用が高価】 屋根塗装や重ね葺きなどと比較すると、工事費用が非常に高額になってしまいます。 【工期が長い】 既存屋根材の撤去など工程が少し増えますので、カバー工法よりも少しだけ工期が伸びます。   2.カバー工法 カバー工法とは、既存の屋根材の上から新しく屋根材をかぶらせる工事です。 詳しくは、既存屋根の上にルーフィングシートを敷き、屋根材を設置し雨仕舞となる板金等を取り付けます。 コロニアル屋根などの軽量な屋根材の場合、このカバー工法が適用できます。     ♦メリット 【工事費用が安価】 カバー工法最大のメリットは、塗装工事などに比べ大規模な工事でありながらリフォーム費用が安い点です。 元々ある屋根材の上から、新しく屋根を作るだけの工事ですので、既存の屋根材を撤去する費用や廃材処理の費用が発生しません。 【工期が短い】 こちらも、既存の屋根材を撤去する必要がないため、葺き替え工事に比べ短い期間で工事が行えます。     ♦デメリット 【耐震性に影響を及ぼす可能性がある】 既存屋根材の上に新しく屋根材をかぶせるため、自然と屋根の重量が増えてしまいます。 住宅の重心が屋根にかかることで、耐震性が低下してしまいます。   【瓦屋根に対応できない】 カバー工法は元々ある屋根に、平らな屋根材を設置する方法ですので、 屋根材の形状が波型だったり、厚みがある場合ですと固定できず瓦屋根には不向きな工法です。 瓦屋根の場合は、皆様葺き替え工事をご検討される方が多いです。   3.屋根塗装 屋根塗装は屋根に塗膜を作り、屋根材は保護するメンテナンス方法です。 あまりに劣化が進んでいる場合は、高額な工事である葺き替えや重ね葺き工事が必要ですが、 屋根の劣化がひどくない、コロニアル屋根やトタン屋根など瓦屋根以外の屋根に最適です。     ♦メリット 【工事が安価】 屋根塗装は小規模な工事であるため、数十万円でできる比較的控えめな料金でできる工事です。 屋根の勾配が急な場合は、別途で屋根足場文の費用が掛かりますが、屋根足場が必要な工事でも全体の費用自体は葺き替え工事などの大規模な工事より大幅に抑えられます。 【美観の向上・自由に色を選べる】 屋根塗装は既存の屋根に塗料を塗って塗膜を形成することで、 屋根材を紫外線や雨風から守りますが、同時に色を付けて美観を維持することができます。 また、色はお客様の好みの色を選択できますので、「今の色微妙だな、、」という場合でも簡単に色は変えることができます。 塗り替えをおこなうたびに、色変えを楽しむことができます。 【機能性の付与が可能】 塗料には、太陽の熱を反射さ室内の湿度が上昇するのを防ぐ遮熱塗料や、 暖かい室内の熱を外に逃がさず、太陽光の熱 を抑える断熱塗料など、様々な優れた性能を持つ種類が多く、 それらの塗料を屋根に塗装することで、快適な生活をおくることができます。 他にも、防カビ・防藻性のある塗料、雨水で汚れを落とすセルフクリーニング効果のある塗料など、 色々な種類がありますので、皆さんの暮らしに合った塗料を探してみましょう!    ♦デメリット 【色褪せなどの劣化症状が美観を低下させる】。 塗装を施すと、時間が経つにつれ塗膜の劣化が起こりますので、色褪せや剥がれ等の症状が生じます。 塗料の耐用年数に合わせ塗装を施せば問題ありませんが、使用する色によっては退色が早いものがあります。 基本的には赤や黄色などのハッキリとした濃い色です。 短い周期で塗装工事を繰り返せば、全体的なコストがかかってしまいますので 塗り替えメンテナンスをご検討される場合は、耐久性のほかに長持ちする色を選ぶのも良いでしょう。   4.防水工事 防水工事は陸屋根やバルコニーなどに適用するメンテナンス方法です。 既存防水層によって改修できる防水工法が異なり、間違えた工事を施してしまうと 防水層を撤去し一から工事のやり直しをするなど、大掛かりな工事に発展してしまいますので 防水工事を行う際は、防水知識が豊富で多くの施工実績がある会社を選びましょう。     ♦メリット 【雨漏りリスクを大きく低下させる】 陸屋根の場合、床面や巾木箇所には防水処理が施されておりますが、部分的な補修では意味がありません。 しっかりと新規防水層を作ることで、雨漏りの原因となる劣化部分も新しい防水層で埋まるため、 雨漏りを引き起こす確率もグンと下がります。    ♦デメリット 【工事期間中は屋上やバルコニーが使えない】 防水工事をおこなっている間は、工事が完了するまで洗濯物ができず、洗濯機が外に設置してある場合使用ができません。 これは防水工事の内容に問わず使用禁止になります。 特にウレタン防水の場合は、防水材が硬化するまでに時間がかかりますので、 硬化前に誤って足を踏み入れたり、物を落としてしまうと跡がそのまま残ってしまいます。 そうなると、補修を施しもう一層塗布しなくてはならないため、工期が延びてしまいます。   雨漏りが発生してから修理工事をする方が多いですが、本来雨漏りを起こさないためにメンテナンスをおこないます そのために診断をしっかり行いましょう。 診断報告書やお見積りを作成しますので、気になる方はぜひご相談下さい!! スピード対応させていただきます!!            

2022.12.02(Fri)

詳しくはこちら

ガイソー神戸店塗装の豆知識

【御礼】神戸市 外壁塗装・屋根塗装の勉強会の様子

神戸市の皆様こんにちは!! ひときわ冷え込むようになりましたね。 明日からすごく冷え込む予報ですね(>_<)。 防寒対策をしっかりし、体調管理に気をつけてお過ごしください!   さて本日は、11月26日に神戸市、垂水区文化センターにて行った、 「失敗しない外壁塗装 屋根工事をするための市民講座」  の勉強会は無事に終了いたしました。     ■講師 大本 雅彰氏 ガイソー神戸店 ■ゲスト講師 深川 真樹氏 一般社団法人日本住宅保全協会 理事   勉強会の流れとしては、 ①本勉強会の開催経緯と目的。 ②絶対に知っておきたい外壁・屋根の基礎知識  ~成功事例と失敗事例・劣化写真のご紹介~ ③知っている人だけが得をする?!  住宅火災保険の正しい知識と活用術  の、3部構成で勉強会を行いました!! たくさんの方がご参加下さいました(*^^*)。 ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。   良い会社の見分け方を知りたい方や安心安全な工事を知りたい方、 適正工事金額を知りたい方、正しい知識を学びたい方、 専門家に一度相談したい方、お家の事でたくさんのお悩みを持った方に、 ご参加いただきました。 地域の皆様から頂いているお悩みもこのようなお悩みがありました。 ♦どこに頼んだらいいか分からない ♦工事の目安はどれくらいが適正なの? ♦成功する為の業者選びのポイントは? ♦自分の家にどんな施工をすればいいかわからない   最後はご参加の皆様が新しい知識を得た、とご満足いただけました。 また、このようなセミナーがあれば、ぜひ参加したいとの熱いお声も頂きました。 誠に嬉しい限りです☆   お家の外壁・屋根は必ず劣化します。 高い施工品質で綺麗なお家を長持ちさせるためには、 各施工工程をそれぞれ丁寧に行われているかがポイントになります!!   神戸市で、巧妙な手口で悪質な工事を進める業者が年々増えております。 外回りのリフォームはどうしても時間がかかるものと念頭において頂き、 相手に言われた通りにサインすることや、決定は急がれないようにご注意下さい! 皆様が安心・安全で心から喜ばれるような、外壁屋根塗装、外装リフォームをしていただくことを願っています。   ガイソー神戸店は、今後もお客様が安心安全なリフォームができるよう、 このようなセミナーを定期的に行って行きたいと思います。 その際は、またブログ・SNS・折り込みチラシなどでご案内いたします。   この度は、誠に有難うございました(^^)。          

2022.11.29(Tue)

詳しくはこちら

ガイソー神戸店新着情報イベント・キャンペーン塗装の豆知識屋根リフォーム火災保険情報

入居率アップ!アパート・マンションの塗装

  目次 1,アパート塗装をした時のメリットを知りたい! 2,アパート塗装、どんな色が人気? 3,塗装を行う最適なタイミングは? 4、どんな塗料を選べばいい?   1,アパートの塗装を行うメリット アパートの賃貸物件を運営するオーナー様にとって、入居率はとっても大切ですよね。 入居率が低下する理由の一つに、外観の劣化があります。 やっぱり、きれいな外観のアパートに住みたい!と思われる方は多いようです。 しかし、外壁塗装をやりたくても、行うべきか?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は実際に入居率がアップ!した、Y様アパートの外壁塗装工事についてご紹介させていただきます。   2,アパート塗装、どんな色が人気? アパート塗装を行う際、ベージュや明るいグレーなどが人気色です(^^)/ 清潔感が感じられるホワイトも、光を反射し外壁表面の温度を抑える効果があります! アパートは様々な世代の方が住まれるので、個性的な色よりもベーシックで落ち着きのある色が、安定して人気がありますよ(*^^*) 実際、洲本市で外壁塗装を行ったY様アパートもホワイトを基調としたお色に塗装完了した直後、入居者が2軒決まったとのご報告が! しかし、地域や入居者のターゲットによって、色の選択肢が大きく変わってきますので、塗装を行う際は、まずはその地域について調べ、どの年代にあった塗装をするか調査することをおすすめします(^^)v 3,塗装を行う最適なタイミングは? アパートの外壁リフォームは、おおよそ10年が目安とされています。 建物は築10年であれば、見た目や性能に大きな劣化は見られませんが、外壁は紫外線や雨風によって、汚れやダメージの蓄積が見られるようになってきます。 その際、外壁の防水機能が低下し、放置していると雨漏りや建物を劣化させる原因になりかねません(;_:) その前に、建物の築年数・劣化の状況を見て、最適なタイミングで塗装を行いましょう! Y様アパート外壁の状況ですが、手で触った際に粉が付着しています。これはチョーキングと呼ばれる現象で、防水機能が低下していることが分かります。 屋根も確認したところ、全体的にコケの発生が確認できました。 屋根に防水効果がないために起こります。 この状態を放置すると、屋根材が水を含んでしまい、劣化し最悪雨漏りの原因ともなります。 4,どんな塗料を選べばいい? 安全で快適な住まいを守るためとはいえ、できるだけ外壁塗装はコストを抑えたい…と感じますよね。 しかし耐久年数が高い塗料にしておけば、一回の塗り替えコストは高くなるものの、回数が少なくなり、長期的にみるとお得になる可能性が高いことも! また、高性能塗料には、それぞれの素材にあった専門性が高いものがありますので、素材に適した塗料を選ぶことも重要です! 外壁塗装は耐候性が高いガイソーウォールフッ素4Fを使用。 紫外線による劣化も防いでくれる優れた塗料です(*^-^*) 屋根塗装にはマルチコート+ハイグロストップを使用。 ハイグロストップをトップコートとして塗布することによって、耐久年数がフッ素以上の超高耐候性に向上します! Y様アパート塗装完了の様子です!周囲の緑と調和した、美しく映える外観に仕上がりました(*^-^*)♪ 今回は、実際に入居率がアップした、アパート塗装の方法についてご紹介しました! 居住者の方々にも快適に暮らしていただくために、適切なタイミングで塗装を行い、そして入居率をアップさせていきましょう♪ ほかの施工事例はこちらをご覧ください↓ アパートの塗装プランもございます。こちらをご覧ください↓

2022.11.25(Fri)

詳しくはこちら

ガイソー淡路島店ガイソー神戸店施工事例塗装の豆知識

コーキング状態を知ろう!!

神戸市、淡路島の皆様こんちにわ(*^^*) 11月ですね♪ 皆様、体調はお変わりありませんか? 風邪を引きやすい時期なので、気を付けてお過ごしください。 さて、皆様のご自宅のコーキング状態はどうでしょうか?   本日は、コーキングについて少しお話したいと思います。 コーキング(シーリング)は外壁塗装に欠かせない存在であると同時に、悪徳業者の手抜きの手口にもなっております。 費用や使い方、メリット・デメリットなど合わせて知ってほしい情報をまとめてみました!! お家の外壁塗装をしたいと思ったときに、コーキング(シーリング)はとても大事な事です!コーキングは外壁塗装と切っても切れない関係にあります。 また、コーキング(シーリング)について知ることは、悪徳業者による手抜き工事について警戒するきっかけになります。 見えにくい部分だからこそ、被害もわかりにくいため、参考にしてみてください!!   目次 1.コーキングとは、、 2.コーキングの寿命はどのくらいなのか 3.コーキング材(シーリング材)の役割は?   1.コーキングとは、、 ・コーキング(シーリング)とは主に、コーキング材という液体を、お家の外壁のひび割れや外壁材同士の隙間、  窓枠や水回りの緑のどに注入する工事のことをいいます。 ・コーキング工事ってどんな工事?  ひび割れは、モルタルや漆喰というような、セメントや石灰と水を混ぜたものを塗り固めて作る「塗り壁」  という種類の壁に起こりやすい現象ですが、コーキングは、基本的にそのひび割れを補修する作業のことをいいます。  また、塗り壁とは違うパネル状の壁材をおうちの組織面に張り付けていく「サイディング」や「ALC」  といった、種類の壁材を新しくするときにも、コーキングは必要になります。  その為、外壁を補修したり新しくしたいときに、コーキングは欠かせない工事です。   2.コーキングの寿命はどのくらいなのか コーキング材は絶えず膨張や縮小を繰り返しているため、コーキング材そのものの寿命はそれほど長くはありません。 その為、コーキング材はサイディングボードやパネルに比べて早く劣化してしまいます。 もちろん、コーキング材も常に進化しているため、新しいコーキング材であればそう簡単に破損するこはないでしょう。 平均すれば、5~10年ほどの寿命(耐用年数)が精一杯といったところです。   3.コーキング材(シーリング材)の役割は? コーキング材は、主にシリコンやポリウレタンなどからできている樹脂製品のことで、水や空気を通さないため、 物と物の隙間に注入することで基本的には密閉状態にすることができます。 身近でいえば、お風呂場のタイルや浴槽と壁との境目に、線状に埋まっているゴムのような柔らかいものがコーキング材です。   最後までお付き合いいただきありがとうございました(*^^*)。 外壁塗装ご検討されている方、これからご検討されている方はぜひ、 相談・お見積り・診断無料です!! 神戸市、淡路島の皆様、ぜひご相談ください!!  

2022.11.07(Mon)

詳しくはこちら

ガイソー淡路島店ガイソー神戸店塗装の豆知識

無機塗料と有機塗料の違いを知ろう!!

神戸市、淡路島の皆様こんにちは!! ガイソー神戸店、淡路島店のブログをいつもご覧くださりありがとうございます。 もうすぐハロウィンですね(^^)♪ 皆様はどんなハロウィンをお過ごされるんでしょうか?♪   さて本日は、無機塗料と有機塗料の違いと、両者の特徴について少しお話していきたいと思います。   目次 1.無機塗料とは... 2.有機塗料とは... 3.無機塗料の特徴 4.有機塗料の特徴     1.無機塗料とは... 無機塗料は、一般的にセラミックやケイ素などの無機物を主成分とした塗料です。 今では無機物が少しでも塗料に含まれていた場合、無機塗料として扱われることが多いです。 そのため、無機塗料でも質の悪いものもありますので商品を選定する際には粗悪品を選定しないように注意してください。   2.有機塗料とは... 有機質とは、加熱すると燃える炭素を含む化合物を有機塗料といいます。 一般的な有機塗料として使用されているシリコンやフッ素などの樹脂が配合されています。 これらの樹脂に関しましては石油などの炭素を含む有機物が主成分になります。 これらを有機塗料と呼びます。 有機物を含む塗料は、紫外線などによって劣化しやすく、色褪せやチョーキングなどの症状を引き起こします。 紫外線による劣化に関しては、樹脂のグレードにより差があるので、塗膜の耐用年数はグレードごとに変化します。   3.★無為塗料の特徴 無機塗料のメリット 有機塗料に比べて無機塗料は耐久性が高いのが特徴です。 紫外線の影響を受けにくい無機物は塗膜の表面に粉が吹いたようになる、 チョーキング現象などの劣化症状が発生しにくくなります。 また、有機塗料に比べて耐用年数も高いのが無機塗料の特徴でもあります! 塗料に無機物の割合が高ければ高いほど耐久性も高くなります。 無機物が含まれている無機塗料は塗装を行う際、塗装が難しく熟練の技術が必要です。 無機塗料のメリット ■雨や紫外線の影響を受けにくいのが無機物になります。 無機物が塗料に配合されている場合、雨や紫外線などの環境にさらされても劣化しにくい特徴があります。 ■不燃性があります。無機物は炭素が含まれていませんので燃えにくい物質です。 火事などのことを考えて塗装を行う場合は無機塗料をおすすめします。 ■変色しにくいです。劣化後に形成される塗膜の色落ちなどを防ぎたい場合は無機物が多く含まれている無機塗料をおすすめします。 ■汚れにくいです。無機塗料は水になじみやすく親水性があります。 そのため塗膜の表面に汚れが付着しても雨などで汚れを洗い流してくれます。 その他静電気が発生しにくい無機塗料はゴミやチリなどの付着を防いでくれます。   4.★有機塗料の特徴 有機塗料のメリット 柔軟性が無機塗料よりも高いので、伸縮性によって、塗膜にひび割れができるリスクを低減する効果があります。 外壁自体にひび割れが生じたとしても、塗装が伸縮し、守ってくれるため、住宅の寿命が長持ちします。 たとえ外壁自体がひび割れてもこうした利点があるため、建物本体を守るための防水機能を果たすことができます。 また、色の数が豊富ですので、色の自由度が高い塗料です。 予算にぴったりの塗料が選べれると思います。 機能性、価格帯の幅広さという2つの大きなメリットがあります。   塗料の選定は難しいものですね(>_<)。 神戸市、淡路市、洲本市、南あわじ市の皆様、ガイソー神戸店、淡路島店ではそういった お悩み、ご相談なんでも受け付けています!! ぜひ、ご検討されている方や、これからお考えの方はご相談下さい!!        

2022.10.25(Tue)

詳しくはこちら

ガイソー淡路島店ガイソー神戸店塗装の豆知識

塗装に適した季節ですね!神戸市、淡路島の皆様、今こそ外壁塗装をおすすめします!

神戸市、淡路島の皆様、こんにちは(*^^*)! ガイソーのブログをいつもご覧下さりありがとうございます。 神戸市、淡路島にお住まいの皆様、いかがお過ごしでしょうか? もうすっかり秋ですね。 秋といえば、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋…など、秋と結びつく言葉はたくさんありますよね(*^^*)。 今日、お話したいのは、実は、塗装をするなら秋がオススメということです!! 神戸市、淡路島にお住まいの皆様に、外壁塗装、屋根塗装についてお話したいと思います。   目次 1.外壁・屋根塗装をするオススメ時期! 2.外壁塗装における季節のデメリット・メリット 3.外壁塗装のサインといえる「劣化症状」   1.外壁・屋根塗装をオススメ時期! 「塗装をするならいつのタイミングにしよう?」とお考えの際に気になるのはやはり、時期ですよね。気温や湿度を重視する場合、一般的に外壁塗装のベストシーズンは、春と秋といわれてます。春、秋は過ごしやすい季節ですよね。 秋は天候が落ち着いていることが多いですよね。塗料は、しっかりと乾燥させなければ機能が低下してしまいますので、空気が乾燥していて天気が安定しているこの季節が最適です。 空気が乾燥しているので、しっかりとした施工になりやすいです!   2.外壁塗装における季節のデメリット・メリット ■秋 メリット 気温、湿度とも安定しています。 デメリット 秋風前線・台風による雨となる可能性があります。   3.外壁塗装のサインといえる「劣化症状」 外壁が劣化しているってどこで判断すればいいの? 建物は紫外線や、雨風の影響を受け、日々劣化していきます。 外壁の劣化を放置しておくと、外壁以外にも悪影響を及ぼしてしまうことがあります、、、外壁塗装は安いものではないので躊躇するかもしれませんが、放置することで外壁だけではなく、建物の寿命を縮めてしまいます。 ■外壁の劣化のチェックをしてみましょう!! ① 手に触れると白い粉が手に付着する、「チョーキング現象」が見られる ② 塗膜が剥がれている ③ 色あせている ④ ひび割れ(クラック)が見られる ⑤ カビやコケの発生がするようになった ⑥ コーキング(目地に埋められているゴムのようなもの)に亀裂が入っている 大体このような劣化を放置していると、家全体に影響が出てきます。 1つでもサインを見つけたら、なるべく早く対処しましょう。   外壁塗装は一般的に10年~15年ごとが目安といわれています。 10年経っていなくても、外壁に劣化を見つけたら外壁塗装をおすすめします。   神戸市、淡路島の皆様、ご検討中、もしくは気になる方はぜひご相談下さい!! ガイソー神戸店・淡路島店は住まいの外装リフォーム専門店だからできるわかりやすい診断書・見積書を提出します!!

2022.10.11(Tue)

詳しくはこちら

ガイソー淡路島店ガイソー神戸店塗装の豆知識

【ガイソー神戸店】へようこそ

大本 隆司
ガイソー神戸店・淡路島店

代表取締役 大本 隆司

塗装の豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社 大恵ペイント工業にご相談ください!

はじめまして、ガイソー神戸店、代表の大本です。

私たちはお客様の心を一番に感謝の心を持ち信頼という形で責任を持って工事を致します。
お客様のご縁を大切に、その中から自信の人間力を高めお客様のニーズと御期待に応える企業を目指して、今後とも精進していく所存です。
宜しくお願い致します。

  • ガイソー神戸店 アクセスマップ

    • ガイソー神戸店
    • ガイソー神戸店
    ガイソー神戸店

    〒655-0012 兵庫県神戸市垂水区向陽3丁目1-27 JAオアシス会館1F
    フリーダイヤル:0120-541-118
    TEL:078-705-1118 FAX:078-707-1117
    営業時間 9:00~18:00 (水曜日定休)

    ガイソー神戸店について詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-541-118
    受付時間 8:00~18:00
    (水曜日定休)

    無料お見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社との見積を比較してください!

  • ガイソー淡路島店 アクセスマップ

    • ガイソー淡路島店
    • ガイソー淡路島店
    ガイソー淡路島店

    〒656-0051 兵庫県洲本市物部3丁目2-63
    フリーダイヤル:0120-939-099
    TEL:0799-22-1138 FAX:0799-22-1125
    営業時間 8:00~18:00 (水曜日定休)

    ガイソー淡路島店について詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-541-118
    受付時間 8:00~18:00
    (水曜日定休)

    無料お見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社との見積を比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-541-118 8:00~18:00
(水曜日定休)

お問い合わせフォーム

ガイソー神戸店・淡路島店 住まいの外装リフォーム専門店
ガイソー神戸店・淡路島店

ガイソー神戸店
〒655-0012
兵庫県神戸市垂水区向陽3丁目1-27 JAオアシス会館1F
フリーダイヤル:0120-541-118
TEL:078-705-1118
FAX:078-707-1117

ガイソー淡路島店
〒656-0051
兵庫県洲本市物部3丁目2-63
フリーダイヤル:0120-939-099
TEL:0799-22-1138
FAX:0799-22-1125